カイテキオリゴ お試し

皮膚のバリアー機能の低下

 

乾燥肌は皮膚のバリアー機能が低下する事によって水分不足になってしまってカサカサになってしまうという状態で主な原因は加齢、生活習慣の乱れ、ストレスが挙げられます。

 

 

 

年齢を重ねると体が酸化してきてしまうので自然と肌の水分が不足してきてしまいます。特に35歳を過ぎてくると急激に体が酸化してきてしまう事が多いのでそれと同時に乾燥肌も酷くなってしまいます。

 

 

 

栄養が偏った食事をしていたり睡眠不足になっているなど生活習慣が乱れていると肌に悪影響が出てしまいます。肌の水分が減ってしまいカサカサになってきてしまう他に肌荒れを起こしてしまう事もあります。そのため痒みや痛みを伴ってしまうという事もあります。またストレスを溜め過ぎていても同様の症状が出てしまうのでしっかり対策していかなければいけません。

 

 

 

乾燥肌を対策するには皮膚のバリアー機能を低下させないという事が大切になってきます。皮膚のバリアー機能を正常に保つにはタンパク質をしっかり摂取しておく事が大切になってきます。タンパク質は肉、魚、大豆製品などに含まれていますが、乾燥肌の対策に一番効果的な食べ物は大豆製品です。大豆製品にはタンパク質の他にイソフラボンという成分も含まれていて女性ホルモンと同じ働きをして美容効果が期待出来ます。そのため大豆製品を食べるとタンパク質とイソフラボンが体内に吸収されていくので皮膚のバリアー機能も正常に保てるようになって乾燥肌も解消されていきます。そのため毎日大豆製品である納豆や豆腐を食べる習慣をつけておくといいでしょう。